活動報告
Blog
復学支援プロジェクトについて
About us
このウェブサイトは小児がんの子どもを理解し、復学を支援するためのものです。
 昨今、小児がんの治癒率は8割以上に向上し、ほとんどの子どもが治療を終え、自宅や元の学校に戻ることができるようになりました。しかし、小児がんは不治の病であるという誤った認識を持つ人は少なくなく、そのことで子ども達が傷つく経験をすることが多くあります。
 私たちプロジェクトチームメンバーは、入院中の子どもがどんな体験をし、どんな思いで過酷な治療に耐えているのか、子どもにとって地元の学校(先生やクラスメイト等)との繋がりがどれだけ重要であるか、また、退院して復学する時にどのような配慮と支援が必要であるかを皆さんに理解して欲しいという切実な願いから、これまで活動してきました。
 このウェブサイトが小児がんの子どもに関わる周囲の人々の理解と支援に役立つことを心から願っています。
プロジェクト代表 大見サキエ
活動内容
Activity guide
復学支援ツールの作成と普及活動
「復学に向けてどのような準備をしたら良いのか分からない」、「クラスメイトに対して、病気のことをどのような方法で説明したら良いのか分からない」という先生方の悩みや「入院して頑張っている子どもの事を伝えたい」という保護者の思いに応えるために、入院している子どもの気持ちを描いた絵本や復学に向けた教職員向けのパンフレット、児童生徒向けのパンフレットを作成し、これらの普及に努めています。
 なお、これらのパンフレットに関するご質問・ご意見等ございましたら、遠慮なく問い合わせください。
 また、小児がんと診断された子どもと母親の闘病の経緯をメールで周囲に伝え、手術や治療を通して成長する家族の軌跡を描いた翻訳本「アリシア-がんを克服した母娘からのメッセージ」(幻冬舎ルネッサンス)も出版しています。是非、店頭で手に取ってご覧ください。
研修会企画
 これまで代表者は小中学校の先生方を対象とする小児がんの復学支援に関する研修会を実施してきました。今後、小児がんのみならず慢性疾患の子どもを含めた復学支援に関する研修会も企画したいと考えています。
 実りある研修会を検討したいと思っておりますので、是非、ご意見をお聞かせください。
復学支援ツールのご紹介
Tools guide
復学支援ツールをダウンロードする場合の取り扱いについて
個人および公的に利用する場合、印刷し共有利用可能です。ただし、その場合には出典元を「復学支援プロジェクト スクリエ(https://school-reentry.com)」と記載して下さい。
絵本・パンフレットのテキストやイラスト、著作の個人情報の無断転機・複製は固く禁じます。著作権は、各著者が所有しております。
電子絵本
おかえり!めいちゃん
作:
大見 サキエ/森口 清美
がんの子どもの復学支援プロジェクトチーム
絵:
森 邦生
白血病と診断された小学2年生のめいちゃんの入院から退院、復学までを描いた絵本です。病名に関係なく、復学する子どもを迎えるクラスで、ぜひ読みきかせを行なってください。この絵本は、復学する子どものことをクラスメイトが理解し、どのように関わればよいのかを考えるきっかけにしてほしいという思いから作成しました。小さなお子さまへの読み聞かせ絵本として、また道徳教育の教材としても活用できる絵本になっています。読み聞かせを行う前に、読み聞かせガイドをご覧になり、参考にしていただけると幸いです。
関連資料
児童用パンフレット
おともだちをよく知ってもらうために
クラスメイトは、がんの子どもの復学を支える大きな力です。小学1年生でも理解できるような内容のパンフレットになっています。まず担任の先生と一緒に読み、家庭に持ちかえりご家族にも読んで頂くようにご指導いただけると幸いです。(A4判三つ折)
教職員用パンフレット
子どもが入院した時、退院する時に
学校の先生にお願いしたいこと
がんと診断された子どもたちの多くは、少なくとも半年以上にわたる入院治療が必要となります。病院という限られた生活環境の中で元の生活に戻れることを励みとして過酷な治療に耐えながら、日々入院生活を送っています。入院直後、入院中、復学直後、そして復学後のそれぞれの経過で先生方に理解してほしいことや配慮して欲しいことについて記載しました。学校の先生方にお願いしたいこととして例示しながらより具体的な対応ができるようなパンフレットにしました。(A3判四つ折)
プロジェクトチームメンバーについて
Member
大見 サキエ
岐阜聖徳学園大学看護学部 小児看護学教授
「元の学校に戻りたい!」という子どもの願いが叶うように活動しています。
森口 清美
就実大学教育学部教育心理学科 准教授
がんの子ども達の復学支援、特に養護教諭が行う復学支援を中心に研究を行っています。
河合 洋子
日本福祉大学看護学部 小児看護学教授
学校生活での配慮が特別でなく『特別な普通』になることを願って活動しています。
安田 和夫
岐阜聖徳学園大学教育学部 特別支援教育専修教授
どの子も笑顔になれる教育の在り方を追求しています。
畑中 めぐみ
名古屋大学大学院医学系研究科 博士後期課程
病気になってからも楽しく学校生活が送られるようにお手伝いさせて頂けたらと思っています。
平賀 健太郎
大阪教育大学教育学部 特別支援教育講座
院内学級だけでなく、小中学校等の先生にも病弱教育の重要性を伝えるため活動しています。
高橋 由美子
岐阜聖徳学園大学看護学部 小児看護学
ひとり一人の子どもの健やかな育ちを母子保健の立場からも支援しています。
谷脇 歩実
岐阜聖徳学園大学看護学部 小児看護学
病気や障がいをもつ子どもときょうだい・家族の生活のお手伝いができればと思っています。
宮城島 恭子
浜松医科大学医学部 小児看護学
看護師経験、学生実習、研究、当事者活動参加を通して、小児がんを経験した子どもと関わってきました。
堀部 敬三
国立病院機構名古屋医療センター 臨床研究センター長
小児・思春期・若年成人(AYA)世代のがん医療と支援に取り組んでいます。
ご意見・ご感想・ご質問フォーム
Contact
スクリエに関するお問い合わせについて
いただいたご意見・ご感想・ご質問には、お返事を差し上げられない場合がありますので、あらかじめご了承願います。
個人情報について
ご記入いただいたお客様の個人情報については、ご質問・ご意見・ご感想の内容について回答を行う目的にのみ使用いたします。
スクリエプライバシーポリシー
所属
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス(確認用)
お問い合わせ項目
内容
当フォームより個人情報を送信いただく場合は、個人情報を扱う部分に関しSSL(Secure Socket Layer:認証・暗号化技術)に対応しており、通信の安全性を高めています。よって、SSLに対応したブラウザをお使いになられることで、通信内容を保護することができ、悪意のある第三者による個人情報の改ざんや盗難(盗聴)される危険性が小さくなります。